トップ / 葬儀に行く時の服装とは

葬儀に参列する際のマナー 

生きている人のだれもがいずれは家族や知人など親しい人との永遠のお別れを体験するでしょう。最後のお別れの場は葬儀です。故人を偲び、生前関係のあった親族、会社時代の関係者、友人など親交のあった人達が一堂に会する場所です。葬儀はおごそかな儀式です。故人の遺志や宗教、また地方によってもしきたりなどによりマナーは異なるかもしれませんが、将来急に不幸があったときにあわてないように、普段から一般的な参列マナーは知っておきたいものです。

葬儀の意味することとは 

誰か身うちの人が亡くなった場合お葬式を出します。お葬式とは、葬儀並びに告別式という言葉を簡略化した言葉で、葬儀とは、故人を無事にあの世へ送る式で、宗教者(仏式の場合は僧侶)がお経をあげ、参列者一人一人が、お焼香をする儀式です。告別式は、故人と故人が生前親しかった人が最後の別れをする儀式で、遺体の唇を末期の水で濡らしたり、棺の中に生花を入れたりします。現在も社葬のような大きい儀式では、この二つの儀式は別に執り行われます。